私は以前、スムージーの置き換えダイエットをしました。青汁のような味のスムージーで、水や牛乳に溶かして飲むものです。レパートリーを増やすのが難しく、楽しみが感じられないのが一番大変でした。

子供に一緒に飲んでみないかと誘ってみても、「色が嫌」と言われ、なんだか自分がみじめに感じられてしまいました。体重変化はなかったのですが、腸内環境はとても良くなりました。ダイエットのために始めたのに美容の効果があり、なんだか支離滅裂な結果でした。

ダイエットの効果がないなら違うものに変えようと思い、スムージーはやめました。スムージーの置き換えダイエットだけで結果を出すのはとても大変でした。おそらく成功している方は、他に運動や食事制限をしているのだと思います。

ヨガやジムに通っている方なら、スムージーダイエットは大きな効果があると思います。私は、海外女優のダイエット方法に憧れがありました。少しでも健康に痩せたいと思っていたのですが、失敗し残念に思っています。www.wrrwhfx.com

私は25歳の時に体重が120キロありました。身長が175センチほどだったので、横幅が大きく見え、服を着ていても、腹の大きさがよくわかるような体系でした。私は学生のころから相撲をしていました。スポーツをしているときは、食べる量もかなり多かったので、体型はあまり気にしていませんでしたが、25歳の時に社会人相撲の現役を引退するにあたって、健康のためすこしずつ体重を落とそうと考えました。大相撲の方も、現役を引退すると、痩せている人が多いですが、これは日ごろの運動量と体型のバランスを整えるためです。ほとんどの人はジムに通って、専門のインストラクターについてもらって、ベストな体型までの落とし方と維持の仕方を指導してもらっています。私はお金がないので、自分で、ダイエット方法を模索しました。まずは、揚げ物などの脂物は一切食べませんでした。肉はゆでて食べ、野菜などにはドレッシングなどの調味料は付けず、生で食べていました。全く脂物を取らないのもいけないので、肉をゆでて出た肉汁に味噌と野菜を入れて、みそ汁にして食べました。運動はジョギングや水泳などのいわゆる有酸素運動を週に5回1〜2時間ほど行いました。体重は少しずつ落ち、34歳の現在は85キロまで落ちました。肥満と呼ばれる体重、体脂肪率ではなくなったので、この体型を維持していこうと思っています。スリムビューティーハウスだと安心して通うことができます

2016年のF1オーストリアGPの予選が終了した。ポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトン選手。マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトン選手は5位に入った。しかし、彼の上位2人のドライバーがパーツ交換を行い、ペナルティとしてグリッド降格(スタート位置を下げること)処分を受けることが確定しているので、事実上3位という良いポジションからレースをスタートすることとなる。ホンダがエンジンを供給するという形でF1に復帰した昨年は走る度といっても間違いないほどトラブルが発生し、まともに走行することができていなかったが、今年は伝統のモナコGPでもポイントを獲得するなど確実に進歩を見せており、決勝に期待が寄せられる。一方、コンビを組むフェルナンド・アロンソ選手は14位と伸び悩んだが、レース展開によってライバルが脱落していけば入賞圏内に食い込むことも不可能ではないので、こちらにも注目だ。しかし、現在日本でF1の地上波放送を行っていないので私のような貧乏人はネットでの速報結果を待つことしかできないのが唯一残念な点だ。